【ダビマス】最適な脚質とは!?逃げ一択の理由【レース展開】

BCを見ていると、脚質は、逃げと先行のどちらかを使っている人がほとんどです。どちらが優れているのでしょうか?

逃げのススメ

・後ろにいればいるほど不利

タイトルで、【逃げ】一択と書きました!

でも、実は、

【逃げ】が秀でているわけではない

です。

単純に後ろにいると不利なのです。

不利な理由は以下になります。

・道中で他の馬と接触してスタミナ消費

・直線で前の馬にぶつかったら大損

・前の馬をかわすだけでも大損

・大外に回らされて損

・逆に内にいればいるほど囲まれて抜け出せない

・道中の差を、最も困難な直線で埋めなければいけない

・・・いっぱいありますね。

簡単にまとめると、

後ろにいればいるほど、

ぶつかりやすいし、直線で抜くのが大変!

ということです。

他の馬に囲まれてしまっては、

レース中で、最も強い馬であっても、

無駄に負けてしまいます。

・【逃げ】のデメリット

逆に【逃げ】のデメリットはというと、

道中のスタミナ消費が激しい

これに尽きます。

たしかに従来のダビスタでは、【逃げ】は消耗が激しい脚質でした。

しかしダビマスでは、【逃げ】で【スタミナ:E】でも、直線後半までバテないので、

そこまでスタミナを考慮する必要がなくなりました。

・逃げvs先行

結局のところ、【逃げ】と【先行】どっちが早いの?

というと、

スタミナ根性切れしにくいダビマスでは、

直線のスタート位置が命と言えます。

例えば、直線手前で、

先頭を走るスピードAの馬(逃げ)と、

3馬身開けて走るスピードAの馬(先行)は、

直線を同じスピードで走るので、

単純に、先頭を走っている方が勝ちます。

仮に、先行で、逃げの馬を抜く事があるとするなら、

それは、先行の馬の方がスピードが早かっただけだと思います。

・まとめ

先頭で直線を迎える事ができて

馬群にのまれる心配もない

逃げは一石二鳥

なのでした。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする