【ダビマス】ピークはどこまで?BC登録のタイミングは?【成長タイプ】

 馬体解析してもメーターがあるだけでよくわからない方必見!

BC登録のタイミングについて教えます!

成長タイプについて

・成長タイプとは?

ダビマスの成長タイプは、

馬が何歳の時に最も良い成績を出せるのか

を示しています。

野球選手や、サッカー選手にも、

ピークというものがありますよね。

馬にも、最も早く走れる時期が存在します。

ご存知かと思いますが、

ダビマスにおいて、成長タイプは大きくわけて、

早熟、普通、晩生

の3つで表現します。

・早熟、普通、晩生のピークの目安

それぞれ何歳がピークとなるのでしょうか?

参考として、ダビマスのヘルプにはこう書かれています。

早熟:大体3歳がピーク

普通:大体4歳がピーク

晩生:大体5歳がピーク

なるほど、わかった!

でも、産まれてくる馬はどの成長タイプなのでしょうか・・・?

知るすべは、以下のどれかです。

・馬体解析センター使用

・1歳9月以降のなつきコメント

・種牡馬の【成長】パラメータ

つまりは、馬体解析センターが最も確実です。

でも、馬体解析センターに表示される、

成長タイプのメーターがよくわからない!

・・・せっかく2億も出すのによくわからないのです。

以下で、そのメーターの見方について説明します。

・馬体解析のメーター説明

まず、以下をメーターの例であれば、

いつがピークなのでしょうか?

成長タイプについて

・・・正直わかりませんね。

わからないので、このメーターの事は一度忘れます。

とにかく、まず言える事は、【ヘルプ】より、

早熟で3歳、晩生で5歳であることは

間違いない情報です。

また、解析センターの結果が2メモリ時でも、

なつきから、【早いデビューになる】と言われるので、

2メモリで、早熟を意味する事がわかります。

それらの間違いない情報や経験から、

最も走る時期は、以下のように考えられます。

メーター ピークの時期
1メモリ 3才1月~6月
2メモリ 3歳6月~12月
3メモリ 4歳1月~6月
4メモリ 4歳6月~12月
5メモリ 5歳1月~6月
6メモリ 5歳6月~12月

注意として、これは、最も走る時期を示しているので、

上記の表の前後半年は、ピークと近い感覚で走ってくれると思います。

また、体感ですが、ピークを過ぎると、

スピードが激しく低下

するので、それを念頭においた調教をすることで、

ピークによる劣化を抑えられると考えられます。

・まとめ

BC登録するタイミングは特に重要になので、

上記の表を参考にしていただければと思います。

また、上記の表より半年後に、解析を行っても、

BC登録のタイミングだと言ってきます。

ただし、

性能の劣化が1ヶ月刻みなのか、3ヶ月刻みなのか、

そういう事がわからない以上、ギリギリのタイミングで、

BC登録すべきでないと個人的には考えます。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする